トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

egg-anthy

2chの anthyスレとか見ていたら、anthy.elなんかじゃなくて白井さんのつくった egg-anthyを使うのが普通みたいなんだって。知らなかったよ!!無駄な時間使っちゃったよ。

つかってみたらたしかに anthy.elよりは使いやすい。安定感もある気がするし。どこにインストールするかとかで 1時間ぐらいトラブっちゃった。Carbon Emacsはなんか site-lispを置く場所が一杯あるもんで。それ以外は順調だった。

boiling-eggとも組み合わせて使えるし。素晴らしい。

さすがにおれが昔使っていた eggの設定ファイル (ローマ字テーブルとか無茶苦茶いじってたんです) はそのままじゃダメだったけど、最低限必要な部分だけ切り出してかなり幸せになった。うれしい。

つぎは Emacs以外での日本語入力を改善するか。でも MozExとこれでそれなりに幸せで motivationがかなり下がったな。

P.S. boiled-eggって、ひらがなの部分を region指定して rK-transで漢字にできなかったっけ? boiling-egg + anthyだとできないみたい。あまり重要な機能じゃないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Battery Hacks

Battery Update 1.2のアップデートの通知が来ました。内蔵バッテリーの firmwareの updateする applicationの updateですね。ややこしい。

でもこうやって remoteで内蔵バッテリーの firmwareまで updateできちゃうんだ。すげー。firmwareがあるってのはしってたけど、書き換えられるようになっているとはね。さすが Apple。

ネットワーク越しに batteryに virusいれられたりしないかね。 他の人と battery共有すると伝染ったりとか。妄想は膨らみます。くわばらくわばら。

でも実のところ、この MacBookの battery、カタログスペックどおりの 6時間はもちそうにないかんじ。Updateで直ったりしませんかね。

でもよく見てみると、これで firmwareを updateすると何が変わるとかほとんど書いてないんだよね。性能があがるとか書いてあるけど、定量的に出せたりしないか知らん。それより、Sony製バッテリーを小手先で|治したりする奴だったりしないかな。リコールはちゃんとしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

anthy.elの単語登録

anthy-add-word-interactiveがちょっと面白いと思った。

普通だと、単語指定、読み入力、品詞入力となるところが、品詞に関していろいろ質問するようになっている。

(defun anthy-dic-get-noun-category (word)
  (let
      ((res '(("品詞" "名詞")))
       (na (y-or-n-p (concat "「" word "な」と言いますか? ")))
       (sa (y-or-n-p (concat "「" word "さ」と言いますか? ")))
       (suru (y-or-n-p (concat "「" word "する」と言いますか? ")))
       (ind (y-or-n-p (concat "「" word "」は単独で文節になりますか? ")))
       (kaku (y-or-n-p (concat "「" word "と」と言いますか? "))))
    (setq res (cons `("な接続" ,na) res))
    (setq res (cons `("さ接続" ,sa) res))
    (setq res (cons `("する接続" ,suru) res))
    (setq res (cons `("語幹のみで文節" ,ind) res))
    (setq res (cons `("格助詞接続" ,kaku) res))
    res))

これは元の anthyの単語管理の policyもそうなんだろうな。学校的日本語文法が実用に耐えないものである以上、妥当って気もする。

でも「「投げ銭と」と言いますか?」は微妙だ。「堂々と」のように副詞なるかと聞きたいんだろうが、意図が伝わらない気がする。「投げ銭たる」ってきくのはどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NeoOfficeのDonation

NeoOfficeを downloadしようと見に行ったら Donationを募っていた。欲しい機能に対して直接金を寄付するという生々しいもの。はてなアイディアに似ているけど、あっちは仮想通貨だからな。

でも、実現した機能について寄付者に還元するとかできないかな。 資金源は機能の利用者から投げ銭的にもらう。 そうすればファンドみたいな運用になって新しい FreeSoftwareのビジネスモデル?の ようなものが..

でも一つの機能作るのに USD30,000ぐらい見込んでます。多くないかな。 プロだったら確かにこのっくらいでも安いぐらいなのだろうが。 Free Softwareの managementにもこの位気合を入れなきゃいけない、 って時代なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

boiling-anthy

やっとこさboiling-anthyを入れた。いろいろあった。

anthy-agentは、先の MacUIMのおかげで/Library/Anthy/bin/anthy-agentに入っているのは確認済だった。

anthyが chatteringのように toggleして元に戻る!!

mac-change-input-methodって eventに対する bindingが special-event-mapってのに定義されていて、それが悪さをしていたらしい。

special-event-mapを書き換えて事なきをえたが、まずい方法の気がする。

key binding

気に入らないので patchを当てたり。

ローマ字変換テーブル

"n'" が "ん’" とかになってしまうのが信じられん。

(anthy-change-hiragana-map "n'" "ん")

boiling-anthyは簡単だが

これだけやれば boiling-anthyは動き出した。

でも、fence-modeから文字を打って確定したときに、その文字がまた fence-modeに入っているのはダメだろ。ここは要fixだな。

結論

そんなことがあって楽に入力できるようになった。とはまだいえなくてこれを入れるのにも結構苦労した。とりあえず Hackネタがあってよかったと喜ぼう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

Secure NFS

会社の個人 Ubuntuマシンを marble (MacBook) から mountしてみたくなった。とはいうものの、プライベートなメモもあるので、社内全体に exportするのはさけたい。packet snoofing はそんなに心配してないけど。


ということで調べてみた。真面目に RPC層を暗号化する解もあるみたいだけど、
そーいうのが crossplatformで本当に使えるのかは疑わしい。
SSHを使って tunnellingするのが簡単そうだ。RPCのポートを固定したりして Hack感が漂うのもいい。


本当は Ubuntuにある anthyの mercurial repositorを clonseしたいだけなんだけどね。scpしただけも動くような気もしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

MozEx・成功

Firefoxを再起動して試してみたら成功したみたい。


でも、Carbon Emacsが UTF-8の文字列を ShiftJISって判別して化け化けになってるよ。ややかなしい。Emacs側の文字列判定の順序を変えるべきか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mercurial

一部で話題になっていたMercurialを入れてみた。MacUIMのソースコードを覗きたくなったので。

distributed VCSってことで、darcsや gitとどう違うんだ、って気もするが。OS Omicronのtikiを見ると分かる気もする。パッチ管理システムっていうのがあるんだって。RCSから始めた人間には目鱗かも。

といいつつ、実は Subversionとか集中管理ものしか使ったことないんだよね。向こうに書かれているように、バリバリ repository作れちゃう気軽さはいいのかな。でも、cloneするたびに repositoryが増えるんでディスクが無駄にならないかなあ、って貧乏性の俺は考えるんだけど。何か誤解しているかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

干渉

Windowsでは Shift+Spaceを IMEの起動にしているのだが、Macではなぜかできない。よくわからん。それで Command+ Spaceのまま使っている。emacsの just-one-spaceと衝突するんだよな。コマタ。

ところが、いま Windows環境に戻ってこれを書いてるんだけど、IMEを起動しようと Alt+Space を無意識のうちに押してしまう。で、メニューが出てきて混乱してしまう。 もう、干渉が始まっているとは...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitter

Twitterはじめました。
たまたま増井さんがやってるのをみつけたので、出来心で。
この blogみたいな魂の叫びを書くには Twitterの方が向いている気もしてきた。

でも友達がいないんで寂しい...

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月25日 (水)

MozEx・挫折編

やっぱり TextArea内で編集するのは辛いのでMozExをいれた。

でも MozExの設定画面で emacsclientを指定しようとしたんだけど、ファイルブラウザ(って Macの世界でも言うのか)が、Emacs.appのしたにあるファイルを表示してくれない。こういうところがお節介でやなかんじ。fullpathを Copy&Pasteしましたよ。

と、うまくいってると思ったら server-editしたところで、Alertが。いわく:

[Exception... "Component return failure code: 0x8000ffff (NS_ERROR_UNEXPECTED) [nslScriptableUnicodeConverter.ConvertToUnicode]"

file の encodingが EUC-jpになってたのがまずかったか。

しかし、再挑戦し utf8でsaveするようにしたら、Alertは出なくなったがTextAreaにも反映されない。何でだ?

ということで今回は Copy&Pasteでお送りしました。Tick show!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

MacUIM

先日、MacBookを買ってそれなりに楽しいんだけど、ことえりが性にあわない。 boiled-eggと uumがまじったような bindingでつかっていたので。ちなみにMS-IMEは WXシリーズゆずりの customizabilityで結構いい感じになったんだよなあ。
で、もう自作しようかなとかおもっていたら、MacUIMなるものを見つけた。むむ、これだ、ということでUniversalBinaryをありがたくいただきました。これからいれてみます。

ちなみにこれは AquaSKKで打っています。かなり疲れた...

ということでインストールも終わった MacUIMでこれを打っています。さすがに boiled-egg風変換はできないけど SKKに比べれば打ちやすい.。カスタマイズで boiled風にできるんでしょうか。

実は UIMのカスタマイズとかやったことないんだよね、俺。Schemeでできるとかいう噂は聞いているんだけど。どこに設定ファイルとか置くんだろ。

とりあえず、こいつをしばらく使ってみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんにちは、世界

なぜこのような文句を Kernighanと Richieは考えるにいたったのだろうか。その文句の普遍性はすばらしく、さまざまな言語に移植されているのは周知のとおりだ。

それ以前の時代の入門用プログラムにはどんな文句がつづられていたのか知らないが、それを一掃してしまったパワーは恐ろしい。

ということを考えつつ、最初の記事に使ってみる次第である。でも本当に俺が挨拶すべき相手は世界なのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年5月 »