« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

MacBookの音が出ない

よくわかりませんが、なぜか本体 speakerから音が出なくなった。
  • Fn+F5とか押しても、「駐車禁止マーク」みたいなのがついた OSDが出てきて、Volumeを変更できないと主張してるみたい。
  • なぜか headphone jackの奥の赤い LEDが点灯してる。というか、そんなところに LEDがあるとは。Apple、さすが変なところに手をかけるな。でもユーザに意図が伝わってないぞ。
  • system preference の sound パネルでは "Digital out" しかなく、"The selected device has no output controls" といって volumeの変更をさせてもらえない。
なんなんでしょうねえ。rebootすれば直るのかしらん。今からやってみます。
追記: rebootしても直りませんでした。でも爪楊枝で headphone jackをぐりぐりしたら直りました。ローテク..

Aple の forumを見ると、MacBookProでも同じ症状が出てる人がいるみたい。Genius Barに持っていったら交換になると言われたとか。ちっとも Geniusじゃねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

iPhone Tech Talks

iPhone tech talksへのお誘いが来ました。 SF では 8/24かあ。会社サボっていっちゃおうかなあ。 やっぱり最近の Web2.0 っぽいものについて、 系統だって見ておきたいし (って、1日じゃダメか)。 ほかの Developper とも話せるかもしれないし。

いや、でも同業他社みたいなもんだからなあ。ちょっとまよう。うーん。

それにいまさら Safariでコード動かしてる場合じゃなくて、 バリバリ native applicationを乗っける時代 なのかもしれないし。まだ、どの程度の可能性があるのか知らないけど。

そもそも、今更申し込んで空席がアルかが問題か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

Technorati Japanに登録

よくわからんが、Technorati Japanって奴に登録した。その登録過程にしたがって以下のanchorを記事に埋め込んでおく:

テクノラティプロフィール

これをはると technoratiが見にきて確認するのかね。

しかしよくわからないまま登録したが、登録するとどういう恩恵があるんだろう。 洗車の割引券でもくるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

post from iphone

now Im typing this by iphone. Honestly it's hard to type long sentence in it. This text editing feature is very poor and easy to hit wrong keys. Prediction is also poor and sometimes bothers me by completing wrong word.
Because there Is no way to select range, I can't decorate text here.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vmnet の network addressを設定する

VMWare Fusionを使ってるんだけど、vmnet8 (NAT用仮想network) の network addressが 会社内の networkとぶつかって困ることがありました。 というか困っています:

$ ifconfig vmnet8
vmnet8: flags=8863<UP,BROADCAST,SMART,RUNNING,SIMPLEX,MULTICASTUP> mtu 1500
inet 192.168.117.1 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.117.255
ether 00:50:56:c0:00:08
$ dig www.blah.my-company.comb
;; ANSWER SECTION:
www.blah.my-company.com. 3600 IN A 192.168.117.205

VMから会社のmachineにつなげないばかりか、hostである marbleからもつなげません。 Private Address を濫用するからいけないんだ、っていえばその通りなんだけど。

VMWareの Forumに聞いてみたけどなしのつぶて。 困っていたら「VMware Fusion (Beta 3)のネットワークアドレスを変更する」 なる記事を発見しました。ありがたい。

locationを書き換えて ./vmware-config-net.pl./boot.sh --restart する。VMを立ち上げたら無事 netowrk addressが変わってた:

% ifconfig vmnet8
vmnet8: flags=8863<UP,BROADCAST,SMART,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1500
inet 192.168.250.1 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.250.255
ether 00:50:56:c0:00:08

ちゃんと VMから会社サーバへ pingもとおるし。

でも、このlocationもいつか書き換わっちゃうんじゃないのかな。そもそもVMWareを起動するごとに addressが変わっていたのが問題なんだし。(いや、vmware-config-net.plみると、mainlocation がないときに作る codeがみえるから、upgradeして locationを消しちゃったのがいけなかったのかも)。

いずれにせよ恐る恐る運用していこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

GraphVizで MacPortsの依存関係を見る

出来心でGraphVizを installして遊んでみた。 お、いまさらMacOS-X版 なんてものを発見したが、 俺が入れたには MacPorts版でした。

で、日本語のチュートリアル を読みながら作ってみたのが、 denpendgraph.rbです。 MacPortsの依存関係をGraphにして出してくれます。 GraphVizが依存しているpackageを図にしたのが冒頭のもの。

実はそんなに GraphVizの機能は使ってなくて、Rubyの学習と MacPortsの理解に時間がかかった気がします。

ここまでできたんで、次はMartin Fawler絶賛(?) の UMLGraphにすすもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

iPhone Application 開発

iPhoneには offline applicationをinstallできないのかよ! というのが怒り & 驚きです。 iPhoneが Third-party applicationをサポートするって いうから、ちゃんと installできるしかけを準備してると思ったのに.. Safariで見るだけかよ!! みんな、Jobsの現実歪曲空間に引きずり込まれすぎだ!

それをちゃんと気づいて、指摘してる人もちゃんといた。 iPhone application development - pros and cons にはそこらへんがまとめてありそうなので、抄訳してみる:

パケ死しなようなデータプランを前提としての利点:

  • Safariの sandboxをつかえるので、認証がいらない。
  • installしなくていい。
  • softwareの updateが簡単だ。
  • copy protectionがいらない。
  • Webベースの課金システムが使える。
  • 携帯アプリと Internetアプリの連携が簡単。
  • Webに展開するのが素早くできる。
でも、欠点もある:
  • 状況に応じた動作ができない。例えば場所、状態など。でも、いつくか解決策は考えられるね。
  • activation ができない。
  • iPhoneの資源に触れない。カメラやマイクなど。Appleがなんとかしてくれるんじゃ。
  • offline applicationがない! Networkがないところじゃ使えない!
  • 外国でのパケ死。外国でどういうレートになるかはさっぱりわからん。そもそも日本じゃ GSMは使えないからパケ死にもならないけど。
いずれにせよ期待しすぎましたね。installできるよう Hackする気合もないけど。 page saveっぽい機能があれば、offlineで使えるapplicationも増えると思うんだけどなあ..

とりあえず日本語入力用 Webページでも作ってみますか..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

iPhoneを日本人が使う方法?

iPhoneを結局手に入れてしまった。 日本から出張中の同僚が出来心で買ってしまったのだが、 AT&Tと契約ができずに宝の持ち腐れになってたものを買い叩いた。 いや、定価なんだけどねえ。

iPhoneは Operator (=AT&T)と契約して Activationしないと、 使えない。 WiFiさえあれば使えるはずの Safariも GoogleMapも iPodも YouTubeも 使えない。 しかも Activationするには アメリカの CreditCard と Social Security Numberが必要だといわれる。

つまり、アメリカに住んでいない日本人が (電話ではない) WiFi PDAとして欲しいとしても使えないということだ。

でも、もしかするとアメリカ在住でなくてもうまくすると iPhoneを WiFi PDA として使える方法を発見したかもしれない。

それは iPhoneをプリペイド契約するというもの。 AT&Tの GoPhoneという契約を使うことになる。 これだと、SSNを聞かれない。 depositをつめばいいので、日本の Credit cardでもいいのかもしれない (俺は USのカードで試したけど)。 さらに、2年間の縛りもないかも? つまり 1ヶ月分($50) だけ払ってさっさと解約できるかもしれない。

問題になるかもしれないのが、USの iTunes Storeの IDが 必要かもしれないということだ。 これはよくわからないが、USに知り合いがいれば、USで ITMSのギフトカードを買ってもらえばいい。 もしかしたら必要ないかもしれないので、いらないかもしれあに。

ここら辺、やはり日本から出張中の同僚に試してもらっているので、 うまくいったら更新しよう。

ここら辺がうまくいったら、ヤフオクに Activation済みの iPhoneを出して小銭をもうけられるなあ、 と考えているこの頃。 でも、ここに公表したら意味ないかな..


更新(2007-07-04 (Wed) 18:58:17)
同僚は無事、activateできたらしいっす。 AT&Tの GoPhoneの入金のところの入力formが怪しいらしく 手間取ったらしいが (ここは俺も手間取って、 結局電話で入金してしまった)、結果として GoPhone契約の iPhoneを獲得できたと SMSが入っていた。

でもそもそも AT&Tと契約しなくても使える Hack が出てしまった以上、プリペイド契約もしなくてもいいのかもしれない。

パソコン・インターネット, 携帯・デジカメ | | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »