« iPhoneを日本人が使う方法? | トップページ | GraphVizで MacPortsの依存関係を見る »

2007年7月 5日 (木)

iPhone Application 開発

iPhoneには offline applicationをinstallできないのかよ! というのが怒り & 驚きです。 iPhoneが Third-party applicationをサポートするって いうから、ちゃんと installできるしかけを準備してると思ったのに.. Safariで見るだけかよ!! みんな、Jobsの現実歪曲空間に引きずり込まれすぎだ!

それをちゃんと気づいて、指摘してる人もちゃんといた。 iPhone application development - pros and cons にはそこらへんがまとめてありそうなので、抄訳してみる:

パケ死しなようなデータプランを前提としての利点:

  • Safariの sandboxをつかえるので、認証がいらない。
  • installしなくていい。
  • softwareの updateが簡単だ。
  • copy protectionがいらない。
  • Webベースの課金システムが使える。
  • 携帯アプリと Internetアプリの連携が簡単。
  • Webに展開するのが素早くできる。
でも、欠点もある:
  • 状況に応じた動作ができない。例えば場所、状態など。でも、いつくか解決策は考えられるね。
  • activation ができない。
  • iPhoneの資源に触れない。カメラやマイクなど。Appleがなんとかしてくれるんじゃ。
  • offline applicationがない! Networkがないところじゃ使えない!
  • 外国でのパケ死。外国でどういうレートになるかはさっぱりわからん。そもそも日本じゃ GSMは使えないからパケ死にもならないけど。
いずれにせよ期待しすぎましたね。installできるよう Hackする気合もないけど。 page saveっぽい機能があれば、offlineで使えるapplicationも増えると思うんだけどなあ..

とりあえず日本語入力用 Webページでも作ってみますか..

|

« iPhoneを日本人が使う方法? | トップページ | GraphVizで MacPortsの依存関係を見る »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone Application 開発:

« iPhoneを日本人が使う方法? | トップページ | GraphVizで MacPortsの依存関係を見る »