« Foneraの WLAN access pointが怪しい | トップページ | iPhoneの勝手アプリの楽しさはさすがだ. »

2008年3月 6日 (木)

iPhone SDK発表?

Engadgetの press conferenceの liveを 見ていたら、ついに iPhone SDKが出たみたい。 Appleの Developer connectionにも iPhone Developer Programのページができています。

iPhone SDKはタダで配ってるようです。 これでプログラムを作ってタダで配れるんでしょうか? 署名とかしてもらうために Developer Programに入る必要ないのかしらん。 ちなみに Developer Programは、今のところ 限られた数のアメリカの developrしか入れないようです。 アメリカに住んでてよかったとちょっと思いました。

しかし、SDKを Downloadしようとしても serverがアップアップなのか、 login画面から先にちっとも進みません。 ということで、そっちは Nさんに任せて、 Engadgetの liveから読み取れることでもまとめます。

  • iPhoneのソフトウェアは 4層、 Core OS, Core serviecs, media, Cocoa Touch からなる
  • Xcode、interface builder、remote debugger、iphone simulatorが 開発環境として提供される
  • いろんな会社がもう softwereを作っている。 SEGAは Super Monkey Ballを移植したらしい。
  • iPhone firmware 2.0で AppStoreが追加される ここを経由して自作 applicationの配布ができる。
  • 自作 applicationの updateも自動的に伝わるらしい。
  • revenue shareは 70%が developer、30%が Apple。
  • free softwareはタダで配れる!
  • β version は今日配られる (dagezi: iphone firmwareも?)
  • 2.0がでるのは数ヶ月後。
うーん、いろいろ書いたものの SDKを入手できてないので良く分かりません。 これから再挑戦してみます。 分かったら updateするかも。
2008-03-06 (Thu) 14:43:35 追記: engdget jpの公式のページもありますね。 さらに Appleから 発表の Stream Video も公開されてる。 こんなのでコンテンツになるのは Appleならではだなあ。

|

« Foneraの WLAN access pointが怪しい | トップページ | iPhoneの勝手アプリの楽しさはさすがだ. »

Gadgets」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395951/11036197

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone SDK発表?:

« Foneraの WLAN access pointが怪しい | トップページ | iPhoneの勝手アプリの楽しさはさすがだ. »