« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年11月

2008年11月25日 (火)

K-9 mailは標準 Emailよりいいけど、日本語の扱いが..

まずは k-9 Mailという Android用 mailer applicationの話から。

会社のメール環境はIMAP over SSLに SMTP AUTH with STARTTLSってのに なってます。これは、Gmailとほとんど似たような設定なので、G1標準搭載の Emailでサクッとつなげるだろうと試してみました。

でも失敗でした。

Cannot safely connect to server
(Not trusted server certificate)
なんてことを言われます。要は SSLの証明書が怪しいって言うんでしょうか? Outlook Web Applicationに https でつなげた時にはサクッとつなげるくせに! Applicationごとに証明書の検証ルーチンが違うのか?

で、エラーメッセージでググってみたら、 やはり同じことで困っている人もいる みたい。

で、その threadで発見したのが、最初に出した k-9 Mail。 なぜか forumの postでは k7になってるけど、あまり気にしない!

Downloadして設定してみたらサクッと使えました。えらい! こうやって、標準 Appの代替品がでてくるのもいいとこだねえ。 Appleだったら却下してるんじゃないか。

ちなみに K-9 mailでは本文表示中に "Next/prev message" buttonが あります。これは Gmail appになくて iPhoneにあって、欲しかった物なんだよね。 こういうところもえらい。

で、概ねめでたいんですが、日本語の扱いがいまいちのようです。

本文に (simejiとかで) 日本語を入力した場合、 UTF-8 charsetのまま、base64 encodeingされて出て行きます。 まあ、これは標準 Gmail clientでも同じだし、 MIME仕様上許容範囲でしょうが。

Subjectに日本語を指定した場合、UTF-8で plain (8bitのまま) で メールが来ます。うわ。こりゃ、 RFC2822的にいかんだろ。 標準 GMailでもちゃんと B-encodingはしてくるぞ。

でも最近は本文 UTF-8でもいいんですかね。 ISO2022JPにしろとか言うのは junet的脅迫観念でしょうか。 そんな国ごとに特化された encodingに対応するなんて 島国的作業いやだもんねえ。

とりあえず、Subjectあたりはソースを見てみようかなあ、と思いつつ、 最近の電子メールの現状を知りたくなった日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

Flickrのアカウントを持っていない人にそこそここっそり写真を見せる

Flikcrに写真を貯めてるんだけど、 写真に写った人だけに写真を公開したい、 でもその人たちはアカウントを持ってない。 そんなときには Guest passって 機能が使えるらしい。 日本語の解説も ちょっとあるけど、少し変わったみたいなんでさらに解説する。嫁。

Guestpassとは

特定の setに対して、ひっそり公開するための URL。 表にはでないので、そのURLを知っている人だけが見られる。

知られたくない人に知られちゃった場合にはGuestpassの管理画面から取り消すことも可能。

使い方

  1. 見せたい写真を集めたSetを作る:
    Orgnizerでも 使って作ってください
  2. 公開したい Setを表示
  3. 右上の "Share This"を click:
  4. (メールで送られるのは嫌なので) "Grab the link"を選ぶ。
  5. "Add a Guest Pass"の三つのチェックボックス(Friends, Family, Private) を全部 on
  6. "GET THE NEW LINK"ボタンを押す
  7. "Here's a link" ってところの URLが変わる (http://flickr.com/gp/で始まるものになる) ので、それが Guest Pass。
  8. コピーしてメールで送るなりどうぞ。
要は画面の右上に集中してるので、そこら辺を注目してください。よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

GCALDaemonにより iCalと Google Calendarの同期

G1を買ったんで、データを Google Calendarに移行中、というかコピー中です。

CalDAVってのを使えば iCalと Google Calendarの同期ができそうに 見えたんですが、Leopardについてる iCal 3.xにしないとダメみたい。 Tigerを使ってる自分には無理です。

といことで見つけたのが GCALDaemonという free software。 Javaでかかれた Google Calendarをいじるための Daemonで、Macでも動くと。 localの icalのファイルを読み書きして同期をとる機能も付いてると。 Javaなんで重そうだと思ったんですが、とりあえず簡単に動いたんで メモがてら書いときます。

やり方は簡単で "Sync Google Calendar with Apple iCal"に書いてあるとおり。 改めて説明すると以下のように進みます:

  • インストール:
    まあ、これはドキュメントのとおりに。
  • iCal同期を有効に:
    file.enabled=true
  • google ユーザID、パスワードの設定:
    file.google.username, file.google.passwordに 適当に設定します。
  • syncすべきファイルの見極め:
    file.ical.pathに設定するためです。 本文中 では、色つけて新しい Calenderをつくって見つける方法が書いてありますが、 使いませんでした。 ~/Library/Application Support/iCal/Sources/*/Info.plist をみてシコシコ見つけました。 既存のカレンダーを使うにはこうするしかなさそうだし。
  • syncすべき Google Caladar URLの設定:
    file.private.ical.urlに設定します。 Calendar setting の下の方にある Private Addressの ICAL URLを コピーします。 "http://www.google.com" を省くこと。
  • 以上を同期したい Calendar全てについてやる:
    file.google.username2のように 2,3 と数字をつけてやると、複数の calendarの syncができる。 もちろんあらかじめ、iCalと Google Calendarの両方で calendarを作っておく必要がありますが。
  • 細かい調整:
    documentを参考に:
    file.offline.enabled=true
    http.enabled=false
    
    あたりを設定。もちろんこれはごじゆうに。
  • iCalの backup:
    念のため。
  • テスト:
    bin/sync-now.shを実行してちゃんと iCalと Google Calendarの内容が一緒になったか確認。
ということで、とりあえず google phoneを使った幸せな 生活に一歩近づきました。

GCALDaemonは他にも RSSを iCalで読んだりするとか素敵な機能が 付いているようなのですが調べてません :)

次は Address Bookの同期かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

G1は iPhoneには到達してない

買いたいと騒いでいた T-Mobile G1を買いました。

契約とか

費用としては新規 2年契約で USD179 + Activation Fee でUSD200強。 契約は一番安い USD55/month にしました。 ATT Go Phoneより USD5 高いけど、3Gなんだからいいよな。 iPhone 3Gの USD70よりはやすいし。

日本にいつ帰るかわからないので 2年契約もためらったけど、 国外に引越しのさいは早期契約の違約金は免除されるとのこと。 なので、踏ん切りました。 どうせ違約金も USD200なんで、それ払っても契約縛りなしの USD399よりはやすいし。

全体的な感想

まだ 1日しか使ってないので、非常に偏ったものではあるけど書いときます。

総じて、iPhoneほど垢抜けてません。 なんか、従来の携帯の延長線上に作ったらこういうものができるな、 というかんじのものです。 もちろん、iPhoneより後出しなんで色々真似した部分とかもあるんだろうけど (スクロールのために選択を諦めたとか)、 iPhoneほど吹っ切れてません。

ズームとかも、一度タップしてズーム用のアイコンを表示してから ズームイン/アウトさせます。 ピンチイン/アウトの直接的な操作感には及びません。 まあ、これはマルチタップのデバイスを搭載しなかったせいも あるだろうけど。

メニューボタンとか押さないと選択肢が出てこないのもちと もどかしい。タップアンドホールドの UIも、確か iPhoneは 使っていなかったはず。 逆に、そういうとこ iPhoneは気をつかっていたんだなあ、 って気づかせてくれました。

そういう意味で使ってみての楽しさはあまりありません。 iPhoneは、もっと「おおおっ」って喜びがあったんだけど、 G1は「ふんふん、そんうだよね、予想通り」って感じ。 まあ、そんなに悪くなくて合計点なんだろうけど、 iPhoneと比べてしまうとやはり弱い。

あと、実際に色々使いにくい点もあって:

  • 文字を打つたびに、横に持ち替えて打つのは面倒。 短いものぐらい portraitのまま打ちたい。最低限の software keypadほしいな
  • Google calendarとかの使い方が良く分からん。 iPhoneは買ってきてつなげたらそれなりに Address Bookとかと syncして使えるようになったからな。 この一年間 Appleにどっぷりつかった生活をしたもんで、 そこら辺になれすぎたせいなのかも。
  • たまに指では難しい UIがある。 ステータスバーのところを下に引っ張ると notificationが でてくるんだけど、小さくて引っ張りにくい。 これも、touch panel deviceのせいもあるかもしれない。
いろいろ物足りない点はあるんだけど、でも hardware spec的には iPhoneに買っているのは確かなので、色々遊んでいくようにします。

だめだったら、iPhoneを unlockして T-Mobileで使えるようにするって のもあるし。3Gの SIMで GSMのサービスも使えるよな。


2008-11-19 (Wed) 追記

ロードマップ によると、2009 Q1には software keyboardの予定があるみたいですね。 まあ、これで使い勝手がよくなるならいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »