パソコン・インターネット

2007年7月11日 (水)

vmnet の network addressを設定する

VMWare Fusionを使ってるんだけど、vmnet8 (NAT用仮想network) の network addressが 会社内の networkとぶつかって困ることがありました。 というか困っています:

$ ifconfig vmnet8
vmnet8: flags=8863<UP,BROADCAST,SMART,RUNNING,SIMPLEX,MULTICASTUP> mtu 1500
inet 192.168.117.1 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.117.255
ether 00:50:56:c0:00:08
$ dig www.blah.my-company.comb
;; ANSWER SECTION:
www.blah.my-company.com. 3600 IN A 192.168.117.205

VMから会社のmachineにつなげないばかりか、hostである marbleからもつなげません。 Private Address を濫用するからいけないんだ、っていえばその通りなんだけど。

VMWareの Forumに聞いてみたけどなしのつぶて。 困っていたら「VMware Fusion (Beta 3)のネットワークアドレスを変更する」 なる記事を発見しました。ありがたい。

locationを書き換えて ./vmware-config-net.pl./boot.sh --restart する。VMを立ち上げたら無事 netowrk addressが変わってた:

% ifconfig vmnet8
vmnet8: flags=8863<UP,BROADCAST,SMART,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1500
inet 192.168.250.1 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.250.255
ether 00:50:56:c0:00:08

ちゃんと VMから会社サーバへ pingもとおるし。

でも、このlocationもいつか書き換わっちゃうんじゃないのかな。そもそもVMWareを起動するごとに addressが変わっていたのが問題なんだし。(いや、vmware-config-net.plみると、mainlocation がないときに作る codeがみえるから、upgradeして locationを消しちゃったのがいけなかったのかも)。

いずれにせよ恐る恐る運用していこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

iPhone Application 開発

iPhoneには offline applicationをinstallできないのかよ! というのが怒り & 驚きです。 iPhoneが Third-party applicationをサポートするって いうから、ちゃんと installできるしかけを準備してると思ったのに.. Safariで見るだけかよ!! みんな、Jobsの現実歪曲空間に引きずり込まれすぎだ!

それをちゃんと気づいて、指摘してる人もちゃんといた。 iPhone application development - pros and cons にはそこらへんがまとめてありそうなので、抄訳してみる:

パケ死しなようなデータプランを前提としての利点:

  • Safariの sandboxをつかえるので、認証がいらない。
  • installしなくていい。
  • softwareの updateが簡単だ。
  • copy protectionがいらない。
  • Webベースの課金システムが使える。
  • 携帯アプリと Internetアプリの連携が簡単。
  • Webに展開するのが素早くできる。
でも、欠点もある:
  • 状況に応じた動作ができない。例えば場所、状態など。でも、いつくか解決策は考えられるね。
  • activation ができない。
  • iPhoneの資源に触れない。カメラやマイクなど。Appleがなんとかしてくれるんじゃ。
  • offline applicationがない! Networkがないところじゃ使えない!
  • 外国でのパケ死。外国でどういうレートになるかはさっぱりわからん。そもそも日本じゃ GSMは使えないからパケ死にもならないけど。
いずれにせよ期待しすぎましたね。installできるよう Hackする気合もないけど。 page saveっぽい機能があれば、offlineで使えるapplicationも増えると思うんだけどなあ..

とりあえず日本語入力用 Webページでも作ってみますか..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

iPhoneを日本人が使う方法?

iPhoneを結局手に入れてしまった。 日本から出張中の同僚が出来心で買ってしまったのだが、 AT&Tと契約ができずに宝の持ち腐れになってたものを買い叩いた。 いや、定価なんだけどねえ。

iPhoneは Operator (=AT&T)と契約して Activationしないと、 使えない。 WiFiさえあれば使えるはずの Safariも GoogleMapも iPodも YouTubeも 使えない。 しかも Activationするには アメリカの CreditCard と Social Security Numberが必要だといわれる。

つまり、アメリカに住んでいない日本人が (電話ではない) WiFi PDAとして欲しいとしても使えないということだ。

でも、もしかするとアメリカ在住でなくてもうまくすると iPhoneを WiFi PDA として使える方法を発見したかもしれない。

それは iPhoneをプリペイド契約するというもの。 AT&Tの GoPhoneという契約を使うことになる。 これだと、SSNを聞かれない。 depositをつめばいいので、日本の Credit cardでもいいのかもしれない (俺は USのカードで試したけど)。 さらに、2年間の縛りもないかも? つまり 1ヶ月分($50) だけ払ってさっさと解約できるかもしれない。

問題になるかもしれないのが、USの iTunes Storeの IDが 必要かもしれないということだ。 これはよくわからないが、USに知り合いがいれば、USで ITMSのギフトカードを買ってもらえばいい。 もしかしたら必要ないかもしれないので、いらないかもしれあに。

ここら辺、やはり日本から出張中の同僚に試してもらっているので、 うまくいったら更新しよう。

ここら辺がうまくいったら、ヤフオクに Activation済みの iPhoneを出して小銭をもうけられるなあ、 と考えているこの頃。 でも、ここに公表したら意味ないかな..


更新(2007-07-04 (Wed) 18:58:17)
同僚は無事、activateできたらしいっす。 AT&Tの GoPhoneの入金のところの入力formが怪しいらしく 手間取ったらしいが (ここは俺も手間取って、 結局電話で入金してしまった)、結果として GoPhone契約の iPhoneを獲得できたと SMSが入っていた。

でもそもそも AT&Tと契約しなくても使える Hack が出てしまった以上、プリペイド契約もしなくてもいいのかもしれない。

パソコン・インターネット, 携帯・デジカメ | | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

xduによる mac os 減量

さっそく前回作ってみた xduをつかって減量作戦。 duででる残り容量が 30GBを割ってしまったので。

で、わかったのが coreが /coresって ディレクトリに吐かれていたこと。 「プログラマは黙って limit coredumpsize unlimited」と設定しておいたんだが、 coreが吐かれてるのちっとも見なかったんだよなあ。 変だなあ、と思ってたらこんなところにできていたなんて、Mach奥がふかい。 なんとなく Machじゃなくて MacOSXの仕様の気もするが。 とりあえずこれで 7.5GB。

ほかに iWorkをさっくり消して 2GBあく。

/Library/Audio Apple Loopsに 2.6GBぐらいデータがあるがこれは GarageBand用なんだろうか? そんなん使わないからさっさと消したいな。 /Library/Application Supportの下の GarageBand と iDVDも でかいなあ。消したいけど消していいんかなあ。 MacOSの世界はよくわからん。

まあ、とりあえず 10GB近くは減量できたんでよかった。 他の気になる部分は、おいおい、酔っ払ったときにでも消していく ことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X11SDKの imakeが変?

おかげさまで X11.app をいれて XDarwinは消したんですが、 X11SDKを入れるのをサボっていました。

で、さっそく入れて、ためしに xdu with patchを入れてみようと。 10年以上前のロートルプログラムだ.. Macなんだからもっとかっこいいの使えよとか思わなくもないけど、 これで十分だし。 スペース含むディレクトリも okだとか細かく進化してるし。

でも imakeがうまくいきませんでした。

Imakefile.c:16: error: Imake.tmpl: No such file or directory
とか
i686-apple-darwin8-gcc-4.0.1: GNU C no longer supports -traditional without -E
とか。xcode にくっついてるんだから、そこらへんちゃんとできないのかな。 とりあえず以下の command lineで回避:
[10:13]marble:xdu<106> env IMAKECPP=/usr/bin/cpp IMAKEINCLUDE=-I/usr/X11R6/lib/X11/config imake  -v
manをつくるところでまたなんか変なこといってたけど無視しました。

で、できた xduの結果はまた次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Anthyと JIS-X0208数字

「全角数字」という言葉は嫌いなので JIS-X0208数字と書かせてもらう。 別に文字の幅を問題にしているわけじゃなく、文字セットを問題に しているんだからその方が正しいし。

で、問題は "1ko" などを変換したとき、1が JIS-X0208になるか ASCIIになるかだ。俺としては ASCIIに同じ文字がある以上、ASCIIを 優先してほしい。mohtaさんとはちがう。

とくに俺は boiling-egg.el を以下のように改造して 数字も変換対象にしてるんで。"1tu" とかは一つの文節として変換したいし。

(setq boiling-subjective-chars "[^]['.,0-9a-zA-Z@-]")
とりあえず ITSをカスタマイズして rhkR-trans では望みの結果になるようにした (its-hira 最新版)。

でも Anthyがからむとわからん。"1ko" ってうって "一個"→"1個" →"1個" かとおもえば、 "13guramu" は "13グラム" が第一候補だ。2回目とかになるとまた変わってくるし。学習とかも絡んでくるんだろうけど謎だ。

で、Anthyソース中のindepword.txt とか覗いてみたけど、これは踏み込んではいけない領域の気がする。でもここらへん何とかする設定ってないんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

Mac OS から NFS mount する

会社の Linuxの filesystem を NFS mountするときに困ったので。

ちゃんと Linux側の /etc/exports もかいてshowmountでも正しく見えてるのに以下のように mountできない。

% sudo mount -ointr,soft,tcp hoge_linux:/home /mnt/tmp
mount_nfs: /mnt/tmp: Operation not permitted

キーは resvportでした:

% sudo mount -oresvport,intr,soft,tcp hoge_linux:/home /mnt/tmp/

1024番未満のポートを使うっていう意味だろう。Linuxの NFS serverは default で Secure オプションをつけて 1024番以上の requestをけってるからな。 覗いてみると:

% netstat -f inet |grep hoge
tcp4       0      0  10.70.2.179.1023       hoge_linux.2049  ESTABLISHED

真面目に 1023番使ってるな。

でもこの optionにたいする Mac OS のman mount_nfsがなかなかいかす:

Use a reserved socket port number.  This is useful for mounting servers that require clients to use a reserved port number on the mistaken belief that this makes NFS more secure.

BSD由来なのかなかなか辛辣。たしかにそうだよなあ。 おれも会社内だからって NFS serverは全開にしちゃってるけど。こういうときにNFSはつかえないな...

かと言って SMBFSを使うのもしゃくだし。以前の話題にもどるわけか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

DemoMovieの作り方 in MacOSX

hamapoのデモ動画を作ってみたんだけど、作ったときに困ったこともあったので 覚書もかねて。

使ったもの

Copernics
キャプチャソフトです。とりあえず見つけたものでそんなに便利かわからん。mov形式で吐いてくれる。もっといいのないかな。
iMovie
MacBookについてきたもの。何とか使えた。

やり方

デモの準備
あらかじめ windowを広げておき、必要なものをロードしておくなど。
Copernicsで範囲指定して取り込む
Copernicsを起動して F8を押し、Movieを選ぶ。ダイアログがでてくるので:
  • キャッシュ先は HDD! Memoryにすると Systemが固まる!
  • 縮小率は適当に。俺は文字が潰れるとやなので 100%にしといた。
  • 範囲指定。これがちょっと面倒。指定した Windowをキャプチャしろ、ってできない?
  • マウスカーソルは今回はなし。following mouseもなし。
すぐに開始なので操作をする。F8で終了
多少の間は iMovieで編集できるので慌てなくてよい。ただし、マウスでウィンドウを移動させないよう。録画範囲は追従してこない。
~/Document にできたのを確認
iMovieで importして編集
新規プロジェクトを開いて、そこに importする。clipとして importされるのでそこから main timelineに必要な部分だけ copy & pasteする。
iMoiveから QuickTimeとして Export
このとき、Expoert Settingにして、Broadband (Middle) にしました。480x320 で出力されて、最低限文字が見えるかんじかなと。ここらへんは見せるものに合わせないといけなさそう
そういうことで、動画素人の俺にも何とかできたのでした。Mac偉いというべきか。

まとめ

  • 最初から最後の動画の解像度などを考えて準備する。文字とかが細かいと見えない。
  • もう少し見やすくするための効果 (赤丸とか、ズームとか) ができるといいね
  • 音声 (アフレコ) はどうやる? タイミングとか面倒くさそう
  • キャプションもできるとニコニコだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

migemoの候補をより絞る

2chのmigemoスレに書いた:
Ruby/Migemoの話を今更書きます。
今だと expand_kanas によれば
  # `d'    => (っ だ ぢ づ で ど)
って展開するけど、 (っだ っぢ っづ っで っど) の方が
より絞れていいんじゃないっすか?
"kas" ってうった段階で「喝采」ならともかく「勝手」やカッコに
マッチして気持ち悪いっす。
そうなってない理由ってなんかあるんですかね?

source みたら specialじゃないケースはすぐになおせそうだけど... # ちなみに C/Migemoはどんな動作するんだろ?

ちなみに正確には望む候補は (だ ぢ づ で ど っだ っぢ っづ っで っど) だね。間違えた。

返事がないみたいだけど、とりあえず改造してみた。 migemo-0.40用の patchです。

使う点の注意としては、migemo-0.40の tarballに含まれる migemo-dict.cache{,.idx} を Makeする前にちゃんと消すことかしらん。これを知らないで、何回もうまくいかんって悩んだ俺。

ちなみに hamampoの関係もあって一部の methodが privateから publicになちゃったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

tamago v4 の ITS (ローマ字)カスタマイズ

前述したように anthy-eggを使っているが、 eggは "whi" → "うぃ" のようなローマ字変換に対応してない。 "xwi" とか打たないといけない。("てぃ" "でぃ" は "xti" "xdi")。 前に (sj3や Wnn7時代) いじったものはあったんだが、egg-v4に なって使えなかったので放置していた。 それをやっと対応させたのでここにおいてみる次第。
its-hira
前述したような "whi" "thi" の対応など。"⇒" "≒" とかも入ってる。
its-greek
JIS-X0208のギリシャ文字入力用。"Ga"→"α" "GS"→"Σ" など。
its-misc
eggは "z?" で記号を入力できるが、それをもっと増やしました。 "j?" でいけます。"j/"→"÷"、"j_"→"∵"など。数学、論理記号多め。具体的にはファイルを覗いてくれ。
そんなもんです。よろしければどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Gadgets Mac NetServices Programming